2018年4月19日にRED社より新Firmwareがリリースされました。

以下にRED社ウェブサイトのリリースノート和訳を記載致します。

■Firmware V7.0.2リリースノート和訳

重要:

  • v7.0.2へアップグレードした後は、 WEAPON, EPIC-W, SCARLET-W またはRED RAVENを以前のバージョンにダウングレードはできません。
  • お使いのREDMOTEファームウェアをv9.7.×にアップグレードする必要があります。red.com/downloadsからファームウェアアップグレードをダウンロード します。
  • REDMOTE アップグレード手順は、red.com/downloadsから入手可能なOperation Guideをご参照ください。
  • v4.0.x またはそれ以降で作成のプリセットファイルのみ v7.0.2と互換性があります。
  • RED Touch 7″ LCD は、ファームウェアのアップデートに最長8.5分かかります。アップデート中はLCD に進行をスクリーン表示します。アップデート中にカメラ電源が切れた際には、電源を入れなおしてください。本LCDアップグレードが再開します。アップグレード中、LCDはブランクとなり、PWR/REC LEDが緑に点滅します。
  •  REDCINE-X PROと RED ROCKET Installer または RED ROCKET-X Installer最新バージョンを red.com/downloadsからダウンロードします。

v7.0.1からの重要な変更点

  • RED MINI-MAG® 信頼性を向上させました。
  • DSMC2® GEMINI™サポートを追加しました。
  • 再生上で、制御面変更後におけるカメラクラッシュを修正しました。
  • 2K 6:5フォーマット、Lookaroundを入れた状態でHDRx 切換え後の画像の歪みを修正しました。
  • 収録時の断続的な音声異常を修正しました。
  • Flip/mirror が有効時、プリセット使用でのHELIUMカメラ再生での画像の歪みを修正しました。
  •  RED Touch 7″または RED Touch 4.7″ LCDの斜め線を修正しました。
  • WiFi接続後のカメラのフリーズ およびシャットダウンを修正しました。
  • Legacy ACESの制限された(リーガル)レンジ使用を修正しました。
  • ACESと3D LUT プリセットの不正確な LUTを修正しました。
  • 4 チャンネル音声再生でのVU meter 精度を修正しました。
  • 再生上での6K 6:5画像の歪みを修正しました。
  • Settingsから設定したRACK での切換え時における、focus modeロックを修正しました。
  • Top LCD上で、Cleanへ切換え後にUI 制御出来なくなる問題を修正しました。
  • IPP2モード時のMotion Mount使用したHELIUM または MONSTROカメラにて青の色合いを修正しました。
  • Jetpack装着時のUIパワー情報を修正しました。
  •  HDMI ポートの無いモジュール装着時のEVF ポート ホットプラグの問題点を修正しました。
  • Sigmaレンズの絞りコントロールを修正しました。
  • Element Technica プロトコル使用時における、UI表示のFocal Length(焦点距離)を修正しました。
  • Reduce Judder PreviewモードとRerativeモード時のシャッターアングルを修正しました。
  • AF Continuous modeのカメラ反応低下を修正しました。
  • Global Flip/Mirror 機能有効な際のモニタ・アーティファクトを修正しました。
  • 電源オフ状態のカメラ内臓RTCバッテリにおけるディスチャージ・レートを修正しました。
  • 全てのHDR display プリセットを制限された(リーガル)レンジ仕様に修正しました。
  • 3D LUT入力をREDLogFilmベースに修正しました。
  • Flanders DM-series モニタの断続的なロッキングを修正しました。
  • HDRx 2K 2:1 119.88fpsでの起動時の横線を修正しました。
  • RCXにて、Look プリセットインポート後の不正確な値を修正しました。
  • DSMC2® GEMINI™ 5K 6:5 フォーマットをフルセンサー高 (3600×3000)使用にアップデートしました。

v7.0.2操作上の注意

  • アップグレード後センサー キャリブレーションを実行。
  • Pre-Record使用前にメディアのSecure Formatを確認してください。
  • 水平の機能に必要なGyro キャリブレーション は使用前に終わらせてください。
  • GEN ICONが点灯または黄色ではない場合は 3D syncをしないでください。
  • Image Magnifyはプレビュー時のみ使用可能です。

HD-SDI HD-SDIはTrue Progressiveのみになり、1080iまた1080PsFの信号には対応していません。