h1

2016年

  1. HOME
  2. 2016年

2016.11.07

WEAPON 8K S35販売独占代理権取得のお知らせ

株式会社小輝日文グループの株式会社RAID社(東京都港区芝浦、以下RAIDとする)は、デジタルシネマカメラメーカーであるRED Digital Cinema社(米国、以下REDとする)の8Kに対応した新製品のデジタルシネマカメラである、WEAPON 8K S35の国内販売独占代理権を取得しました。 WEAPON 8K S35搭載の35.4メガピクセルHELIUM 8K S35センサーは、8Kで最大60fpsでの収録に対応。そして、スーパー35サイズ対応のレンズの使用が可能です。8K対応のデジタルシネマカメラで、600万円台という価格は、プロの映画製作者の手に届く8Kという新基準を打ち立てます。WEAPON 8K S35は、ItnerBEEの弊社ブース(ホール7ブース番号:7202)にて、展示をいたします。 販売価格 : WEAPON 8K S35 ¥5,198,000円(税抜き) ※ BRAINの価格となります。販売価格は105円/1ドルの為替で計算。為替通貨レートにより販売価格が変動する場合があります。 また、RED ONEからのREDのオーナーの方々または、REDのご予約をいただいている方々を対象とした、2016年12月31日までの期間限定【RED オーナー価格プログラム】を実施します。今回のプログラムは、WEAPON 8K S35または、RED EPIC-W 8K S35へご優待価格でアップグレードが可能な、大変にお得なプログラムとなります。 【RED オーナー価格プログラム詳細】 期間:2016年12月31日 対象機種: - RED ONE、RED EPIC、SCARLET、WEAPON、SCARLET -W、RAVENのオーナーの方々 -  SCARLET、SCARLET -W、RAVENを2016年10月11日以前にご注文頂いた皆様 ※REDから直接のご購入、または国内販売代理店各社にかかわらず、RAIDにて承れます [su_button url="//www.raid-japan.com/blog/wp-content/uploads/2016/11/REDオーナー価格プログラムのご案内201611.pdf" target="blank" background="#ef782d" size="5" radius="round" icon_color="#ffffff"]ダウンロード[/su_button] お問い合わせ先 株式会社 RAID 〒108-0023 東京都港区芝浦2-14-5 ユニベル田町ビル5F T:03-5765-2044 F:03-5765-2045

RED

2016.10.14

RED DIGITAL CINEMA 最新アクセサリーカタログ(2016年10月版)

[embed]//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/DSMC2_Brochure_Accessories_JP.pdf[/embed] [su_button url="//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/DSMC2_Brochure_Accessories_JP.pdf" target="blank" background="#ef782d" size="5" radius="round" icon_color="#ffffff"]ダウンロード[/su_button]

RED

2016.10.14

RED DIGITAL CINEMA 最新製品カタログ(2016年10月版)

[embed]//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/DSMC2_Brochure_Product_JP.pdf[/embed] [su_button url="//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/DSMC2_Brochure_Product_JP.pdf" target="blank" background="#ef782d" size="5" radius="round" icon_color="#ffffff"]ダウンロード[/su_button]

RED

2016.09.05

RED WEAPON with HELIUM 8K S35 sensor [LIMITED EDITION]カタログ

[embed]//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/RAID_RED_8K_Catalog201609.pdf[/embed] [su_button url="//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/RAID_RED_8K_Catalog201609.pdf" target="blank" background="#ef782d" size="5" radius="round" icon_color="#ffffff"]ダウンロード[/su_button]

RED

2016.08.26

RED SCARLET-W、RAVENで収録したR3DファイルをAdobePremiere2015で使用時の注意

2016年8月26日更新 最新のPremiere Pro CC(2015.3)では、下記の不具合の解消を確認しております。 ご質問等がありましたら、下記までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。 info@raid-japan.co.jp 03-5765-2044 2016年5月13日掲載 RED SCARLET-W、RAVENで収録したR3Dファイルを、最新版のAdobePremiere2015で現在ファイル展開することができません。また、現在RED-CINEX PROのタイムラインをAdobePremiereのタイムラインでの展開には対応しておりません。 本件に関し詳細が分かり次第、こちらにてお知らせをさせていただきます。 ※BlackmagicDesign社のDaVinci Resolve上でファイル展開する場合は、 最新の12.5をご使用ください。 ※RED-CINEX PROではファイルを展開することは可能です。 ※After Effects CC(2015.2)ではファイルを展開することは可能です。

RED
SmallHD

2016.08.12

SmallHD社502・702モニター上でのクロスコンバート時の不具合に関しまして

2016年8月12日更新 SmallHD社最新のファームウェア2.4では、下記の不具合の解消を確認しております。 ※各モニターのファームウェアなどにより、不具合が解消されていない可能性もございます。 ご質問等がありましたら、下記までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。 info@raid-japan.co.jp 03-5765-2044 SmallHD社502・702モニター上でのクロスコンバート時の不具合 2016年3月17日掲載 現在、SmallHD502・702モニター(FW2.2)にて、クロスコンバートされた映像信号が接続先のモニター(主にSONY系 業務用モニター)にて表示ができない症状が発生しています。 カメラやテスト信号発生機より、HDMI出力にてモニターへ入力された映像信号(1080/59.94i)が、モニター内でクロスコンバートされたのSDI出力にて、以下のモニターへ接続した際に映像が表示されない、または映像が全体が上方にシフトする症状が発生しております。 ・SONY PVM-740 ・SONY LMD-940W ・SONY PVM-1741 ・SONY PVM-A170 ご使用になられる前には十分にご注意いただきますようお願いいたします。 現在、SmallHD社にて原因を調査しております。 詳細が分かり次第、こちらにてお知らせをさせていただきます。 本現象についてのご質問等がありましたら、下記までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。 info@raid-japan.co.jp 03-5765-2044 ご不便をお掛けしまして誠に申し訳ございませんが、何卒宜しくお願いいたします。

SmallHD
SmallHD

2016.08.12

SmallHD最新ファームウェア2.4での500及び700シリーズへのバグ修正

リリース日:2016年7月25日 注意: v2.4より前のバージョンのファームウェアを700 LIGHTシリーズのモニターにインストールしないでください。 バグ修正 - 起動時のUpdate System Controller Firmware Statusバーの表示が修正され、正常に起動するようになりました。 - 以前のバージョンのファームウェアで、起動時にステータスバーが再度表示される不具合を修正しました。 - ジョイステックが左に動かない不具合を修正しました。 概知のビデオフォーマットの非互換について 詳細に関しましては”ファームウェア2.2で500及び700シリーズに追加された機能”をご参照ください。  500、700シリーズモニターのファームウエアアップデート方法 詳細に関しましては”ファームウェア2.2で500及び700シリーズに追加された機能”をご参照ください。

SmallHD

2016.07.15

【REDファームウェア】DSMC RELEASE BUILD V6.3.17

ファームウェアバージョン:DSMC RELEASE BUILD V6.3.17 リリース日:2016年6月23日 RED DIGITAL CiNEMAよりファームウェア”DSMC RELEASE BUILD V6.3.17”がリリースされました。詳細は下記となります。 注意:REDCINE-X PROとRED ROCKETインストーラーまたはROCKET-X のインストーラーの最新バージョンを red.com/downloadskらダウンロードしてください。 重要: EPIC MYSTERIUM-X をv6.3.17にアップグレード後はv5.3.49、 v6.0.44、v6.2.25より以前へはダウングレードできません。SCARLET MYSTERIUM-Xをv6.3.17にアップグレード後はv5.3.49、 v6.0.44、v6.2.25より以前へはダウングレードできません。 EPIC or SCARLET DRAGONをv6.3.17にアップグレード後はv5.3.49、 v6.0.44、v6.2.25より以前へはダウングレードできません。WEAPON CF をv6.3.17にアップグレード後はv6.1.52, v6.2.60、v6.3.17より以前へはダウングレードできません。 WEAPON MG, SCARLET-WまたはRED RAVEN をv6.3.17にアップグレード後はv6.2.60、v6.3.17より以前へはダウングレードできません。 REDMOTEのファームウェアを v9.5.×にアップグレードする必要があります。 red.com/downloadsからファームウェアをダウンロードしてください。REDMOTEのアップグレード方法に関しましては、red.com/downloads,のオペレーションガイドを参照してください。 v4.0.xまたはそれ以降で作成されたプリセットファイルはv6.3.17と互換があります。 RED Touch 7" LCDのファームウェアのアップデートには最大8.5分かかります。 アップデート中はLCDには進行中と表示されます。もし、アップデート中にカメラの電源が落ちてしまった場合はカメラの電源を入れてください。 The LCD upgrade restarts. LCDのアップグレードが再開します。 アップグレード中はLCDはブランクになり、PWR/REC LEDが緑に点滅します。 V6.3.17へのファームウェアのアップグレード方法 注意:User Preset, Look, そしてCustom Overlayのファイルはv6.2.3以降からのアップデートの際には保存されます。 1.お持ちのパソコンにSSD (RED MINI-MAGまたはRED STATION REDMAG 1.8") を接続します。 注意:REDCINE-X PROがインストールされたMACの場合、RED WatchdogがSSDをデフォルトでRead-Onlyとしてマウントします。(SSDに書き込みすることができない状態です。)SSDにファームウェアをコピーする前にMountの設定を変更してください。 2. www.red.com/downloadsから最新のファームウェアをダウンロードしてください。 3. zip形式でダウンロードされますので、解凍してください。 4. SSDの直下にあるforce_upgradeフォルダーにコピーしてください。 5.SSDをアンマウントして取り出してください。 5. カメラの電源が切れており、REDMOTEが取り付けられていないことを確認してください。 6. force_upgradefフォルダーのあるSSDを挿入してください。 7.DSMCの電源を入れてください。 アップグレードは電源が上がると自動的に開始します。 アップグレード中はファンが高速で稼働し、PWRとREC LEDは緑で点滅します。 おおよそ15秒後にLEDの点滅が止まり、カメラの電源が落ちます。アップグレード中は外部モニターには何も表示されません。 8. カメラの電源が落ちた後、SSDを取り出し、10秒待ってください。 9. カメラの電源を入れてください。 カメラはすべての取り付けられたモジュールをアップデートするのに、30秒以上かかります。この間PWRとREC LEDは緑で点滅し外部モニターには何も表示されません。 10. Menu > Settings > Maintenance > System Status > Camera Infoで、ファームウェアのバージョンを確認してください。 11. 収録でSSDを使用する前に、SSDはフォーマットしてください。 V6.3.10からの重要な変更点 - WEAPONとREDLINK Bridge上で、WiFiでの固定IPアドレスに対応しました。 - Nikonのアイリスコントロールが向上しました - Open Gate モード時のApple ProResとAvid DNxHD/HRの音声が修正されました。(DSMC2のみ) - WEAPON 6K STH OLPFのキャリブレーションISOが修正されました。(DSMC2のみ) - ProResファイルのプレイバック時のフレームガイドが修正されました。(DSMC2のみ) - R3Dの後にProResファイルを再生できない不具合を修正しました。(DSMC2のみ) - 6K FF 1.25x ANA と Avid DNxHR/HD 4K モード時のモニター出力を修正しました。(DSMC2のみ) - 6K 3:2 1.3x ANAのProResのクリップの再生を修正しました。(DSMC2のみ) - スタートアップ時あるいはホッスワップ時にメディアがマウントしないことがある不具合を修正しました。(DSMC2のみ) - R3Dモード時のHD-SDIのつっかえ(stutter)を修正しました。(DSMC2のみ) - 4K 3:2 1.3x ANAでのLookaround時のHD-SDIの垂直スクロールを修正しました。(DSMC2のみ) - Output Mode変更後のREDCASTを使用時のプレイバックスクリーンを修正しました。(DSMC2のみ) - Avid DNx 444の黒のイメージの解像度の変更時の不具合を修正しました。(DSMC2のみ) - ETバッテリーモジュールを使用時の、正確ではないバッテリーステイタスを修正しました。(DSMC2のみ) - RED RAVENの黒点現象を修正しました。(DSMC2のみ) - RED Touch 4.7" LCDで拡大を終了時の対角線の分離を修正しました。 - RED Touch 4.7" LCDで拡大を使用時にフリーズする不具合を修正しました。 - WiFiの接続/解除時の接続ボタンを修正しました。 - Internal Timelapse Timer使用時の、1フレームの遅延を修正しました。 - Canon Motion Mount ND操作を修正しました。 - Exposure Toolの ISO > 800を修正しました。 - R3Dメタデータの緑と青のカーブの調整値を修正しました。 - adaptiveモード時の最大ファンスピードを修正しました。 - UI上のモニター優先順位リストを修正しました。 - プレイバックでのAWBを削除しました。 - ゲンロックがない場合のSensor Sync Modeダイアログのゲンロック選択を削除しました。 - すべてのWEAPONのゲンロックの種類の選択を削除しました。 V6.3.17の操作上の注意 - Pre-Recordを使用する前に、メディアが確実にフォーマットされていることを確認してください。 - 水平の機能に必要なGyroキャリブレーションは使用前に終わらせてください。 - GEN ICONが点灯または黄色ではない場合は 3D syncをしないでください。 - Image Magnifyはプレビュー時のみ使用可能です。 - HD-SDIはTrue Progressiveのみになり、1080iまた1080PsFの信号には対応していません。

RED

2016.05.28

強制的に予約されたWindows10へのアップグレードをキャンセルする方法

「Windows 7/8.1マシンが勝手にWindows10にアップグレードされてしまう問題」が発生しております。 非常に困った仕様で、キャンセルしなければアップデートされる 仕様のようです。(2016/5/28現在) ※なお、こちらで紹介する方法を実行した結果、想定した通りの成果が得られなかったり、損害が発生したとしても、弊社および著者はいかなる責任も負いません。 Microsoft公式ブログ情報 以下のアイコンの表示されている方は   Microsoft Technetブログに、自動アップグレードの挙動の概要およびキャンセル方法が掲示されていますので、こちらに従いアップデートスケジュールをキャンセルして下さい。 Windows 10 アップグレード通知機能について | Ask CORE アップデート機能そのものを停止する方法 以下サイトに詳しい情報があります。 ぼくんちのTV 様 http://freesoft.tvbok.com/win10/installation/stop_gwx.html (弊社サイト外となります。情報等ご利用なさる場合は、リンク先サイトのポリシーをご確認下さい)

ColorFront

2016.05.07

RAID RED SUPPORT CERTIFICATE(サポート保証)のご案内

RAIDでRED DIGITAL CINEMA社製のデジタルシネマカメラをご購入いただく際には、皆様に安心して機材をお使いいただけるよう、RAID RED SUPPORT CERTIFICATE(サポート保証)を設けております。カメラ本体に故障や不具合が生じた際に、RED DIGITAL CINEMA社の修理対応と合わせ、修理完了までの期間、 代替機をご用意させていただき、撮影業務に支障をきたさないようバックアップをさせていただきます。 詳細に関しましては以下のサポート内容一覧をご参照ください。 またご質問等ございましたら、お気軽に下記弊社お問い合せ先までご連絡くださいませ。 [embed width="360" height="640"]//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/RAID_RED_SUPPORT CERTIFICATE.pdf[/embed] [su_button url="//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/RAID_RED_SUPPORT CERTIFICATE.pdf" target="blank" background="#ef782d" size="5" radius="round" icon_color="#ffffff"]ダウンロード[/su_button] お問い合わせ先 株式会社RAID 03-5765-2044 info@raid-japan.co.jp

RED