h1

2017年8月

  1. HOME
  2. 2017年8月

2017.08.21

FSI DM シリーズ カスタマイズ可能な多色波形機能追加

DM170、DM240、およびDM250の無料アップデート ファームウェアバージョン1.1.04-2231として利用可能になりました。以下の拡張機能を備えています。 [su_button url="http://flandersscientific.com/firmware/" target="blank" background="#2dc7ef" size="2" radius="round" icon_color="#ffffff"]ダウンロード[/su_button]   各リアルタイム波形モードで完全にカスタマイズ可能なしきい値を使用して、任意の閾値に沿って波形表示を6つのゾーンに色分け表示することができます。 専用のリアルタイムスコープメニューから、アクセスロータリーノブコントロールを使って、素早くリアルタイムスコープパラメータの調整が可能 「波形の色分け表示は、ユーザーのリクエストでした。 新しいマルチカラー波形機能は、このニーズを満たし、最大6つの異なる色で示され、最大6つの範囲の波形に複数のしきい値を設定できるようになりさらに進歩しています。この機能を使用すると、色を区別しやすく、任意の領域を特定することで、波形をより簡単に素早く読み取ることができます。」 -Bram Desmet、CEO / GM Flanders Scientific、Inc. 使用方法の詳細については、更新されたDMシリーズのユーザーマニュアルの21ページを参照してください。  user manual.  

FSI

2017.08.18

MoVI Pro Ver1.3 リリースノート

SOFTWARE VERSIONS 注:互換性の問題がないことを確認するために、以下の図を参照して、すべてのFreefly製品が最新であることを確認してく ださい。 たとえば、v1.3 GCUはv1.2 MIMICと完全に互換性がありません。したがって、v1.3ソフトウェアバンドルにアップグレード することを決めた場合は、すべてのデバイスがそのバンドルバージョンのバージョンに更新されていることを確認してくだ さい。 SOFTWARE COMPONENTS 1.3 (Latest Release) 1.2 (Previous Release) MōVI Pro GCU 1.3.2 1.2.1 TSU 1.3.4 1.3.1 ESC 1.0.0 1.0.0 MōVI XL GCU 1.2.9 1.2.6 TSU 1.3.4 1.3.1 ESC 1.0.4 1.0.4 MIMIC 1.3.1 1.2.2 MōVI Controller 3. 1. 0 3. 0. 1 App iOS 1.3.0 1.2.3 Android 1.3.1 1.2.3 更新するには- MobileAppsを通じてMōVIまたはMIMICに接続します。Monitor>Updatesに移動し、最新のファームウェア があるかどうかを確認します。 *MōVIコントローラの更新は、別のプロセスにが必要です。 *MōVIサブコンポーネントバージョン(gcu、tsu、esc)は、MōVI画面のMonitor> Details> Versionsにあります。   MoVI Pro V1.3 RELEASE NOTES MIMIC v1.3.1 New Feature: デュアルMIMIC! MIMICのプライオリティは、RADIOの画面で変更できるようになりました。priority1に設定されたMIMICは、priority2のMIMICよりもリアルタイム制御(パン、チルト、ロール、フォーカス、 アイリス、ズーム)が優先されます。 priority2のMIMICは、制御信号を送信できるようにpriority1のMIMICを必要とします。両方のMIMICは、デュアルとし てセットアップする前に、それぞれのMIMICを個別にバインドする必要があります。 New Feature: FIZの範囲制限は、パイロット、ブッシュパイロット、またはゲームパッドで設定できるようになり ました! New Feature: FIZ軸構成 - モータモデル(motor model)、減衰(damping)、トルク制限(torque limit)、速度制限(speed limit)、モータ方向(motor direction)、および制御方向(control direction)がオプションとして利用可能になりました。 New Feature: FIZマークは、ノブ自体にリアルタイムLED表示でき、Pilot Knobで設定することができます。 New Feature: FIZ軸キャリブレーション - MIMICは手動および自動のレンズモーターキャリブレーションを実行できるようになりました。 New Feature: パイロットサポートとファンクションマッピング。 New Feature: COM2はパイロットとAPIをサポートしています。 Improvement: MIMICの向きの設定は度(degrees)になり、柔軟性が増しました。 Known Issue: 特定の組み合わせでゲームパッド入力マッピングを変更しようとすると、MIMICがフリーズします。次のリリースで対処します。 GCU MōVI Pro v1.3.2 New Feature: MIMIC v1.3のサポート Improvement: 保持力が低い場合でもチルトスムーズロックが優れた感触に。 Bugfix: Window/Expo/Smoothing設定 - これらの設定は、すべてのRATE入力にグローバルに適用されるようになりました。 Gamepad、Futaba、Spektrum、およびAPIレート入力を含む MōVI XL v1.2.9 (since v1.2.3) Improvement: 電源ボタンを解除する必要があります。 Improvement: セル当たり3.50Vのバッテリフラットトリガエラー状態。 Known Issues: 最大ロール角パラメータは機能しません。 MXL: MIMICモードは機能しません。すべてのオプションはダイレクトモードになります。次回のリリースで修正されます。 MXL: 傾き角度の制限は機能しません。次回のリリースで修正されます。TSU v1.3.4 New Feature: Hocus Reflex Motorのサポート。 Improvement: edgeを使う場合役立つFIZキャリブレーションのマイナーな変更。 Improvement: FIZ範囲の制限が永続化されるようになりました。 Improvement: ちらつき防止のためにRED Irisコントロールにヒステリシスを追加。 Bugfix: 手動較正の後、位置がリセットされ、較正が無効になります。 iOS/Android Apps v1.3.x New Feature: すべてのステータスとエラーコードをカスタマーサポートの電子メールに追加しました! New Feature: App Storeとサーバーをチェックして、利用可能な新しいアプリがあるかどうかを確認します。 Improvement: タイムラプスを実行する前に剛性がゼロであることを確認します。さらに、タイムアウト時にパラメータがロックされるようになりました。 Improvement: バッテリインジケータは電圧の代わりにパーセンテージで表示されます。 Improvement: MIMICの方向パラメータは度(degrees)で表示されるため、柔軟性が向上します。 Bugfix: i OS:ロック時にプリセットロード/フリーズ時にフリーズ Bugfix: Compass Calの起動時にAndroid:Startボタンが消えない Known Issues: プリセットの保存と読み込み MōVI Controller v3.1.0 ディスプレイの "WEDGE"への参照がすべて "FIZ"に変更されました。 モータ選択リストにHocus Reflexを追加 APIパススルー用のベアボーンAuxポートを追加

FREEFLY

2017.08.16

SCARLET MYSTERIUM-X / EPIC MYSTERIUM-X修理終了およびREDオーナー・アップグレード・プログラムの最終受付のご案内

RED Digital Cinema社より、SCARLET MYSTERIUM-X 及びEPIC MYSTERIUM-Xの修理対応が2017年9月28日に終了のアナウンスがございました。また、それに伴い昨年より行われておりました、REDオーナー・アップグレード・プログラムも2017年9月28日に終了致します。 下記にRED Digital Cinema社からのご案内を掲載いたしますので、SCARLET MYSTERIUM-X /及びEPIC MYSTERIUM-Xのユーザーの方はご確認後お願い致します。 SCARLET MYSTERIUM-X / EPIC MYSTERIUM-X修理終了およびREDオーナー・アップグレード・プログラムの最終受付のご案内 現在のREDオーナー・アップグレード・プログラムを通じ、アップグレードのできる有資格者に該当方への本プログラムは、2017年9月28日に終了します。REDオーナー・プライシングにおいてオーナーの皆様は特別価格でRED EPIC-W 、WEAPON 8K S35、SCARLEAT-Wを含むREDの最新技術に移行していただけます。カメラおよびセンサー・アップグレード・オプションはオリジナルのRED ONE を含むREDのプロフェッショナル・カメラ全ラインにご利用いただけます。 ご注意いただきたいのは、9月28日の後は、REDではRED ONE、SCARLET MYSTERIUM-X およびEPIC MYSTERIUM-Xの修理に関しまして対応の保証ができなくなります。今回がRED ONE、SCARLET MYSTERIUM-X およびEPIC MYSTERIUM-XからRED DSMC2ラインにアップグレードを通じ移行できる最後の機会となります。 詳細に関しましては、弊社までお問い合わせください。 お問い合わせ先 株式会社 RAID 〒108-0023 東京都港区芝浦2-14-5 ユニベル田町ビル5F T:03-5765-2044 info@raid-japan.co.jp

RED