h1

500シリーズ

  1. HOME
  2. サポート
  3. SmallHD
  4. 500シリーズ

2015.08.04

SmallHD 500シリーズ ファームウエアリリース 2.0

[wpdm_package id='930'] ファームウエアの更新方法はこちら Firmware2.0の500シリーズへの追加機能 2015年8月4日 1. 3D Lutsダウンストリーム 機能の詳細:3D LUTを接続しているモニターまたは機器に送ることができます。 映像に3D LUTが当たることにより、クライアントやディレクターは映像の最終段を確認することができます。 注意:3D LUTは現在“output preview”ページにあります。このページでは何をダウンストリームしているかを表示します。また“output preview”ページで出力されている映像にルックを適用します。このページはセッティングメニューで隠すこともできます。(推奨はいたしません) 2. クロスコンバージョンの追加(502のみ対応) 機能の詳細:このバージョンより、HDMI入力をHDMI出力と当時にSDI出力、あるいはSDI入力をSDI出力と同時にHDMI出力することができるようになりました。 注意:この機能はモニターセッティングメニューのOutput optionで有効にすることができます。全てのHDMIのフォーマットをSDIで出力することはできません。SDI出力する場合は対応しているHDMIのフォーマットを使用してください。 3. RGBパレード 機能の詳細:RGBパレードはデジタルビデオの3つの色のチャンネルを別々に表示するので、非常に有益なビデオスコープです。:赤、青、緑 注意:この機能は“Waveform”で“Parade”を適用することにより有効になります 4. SDIメタデータ表示 機能の詳細:ご使用のカメラのタイムコードとレコードトリガーをSDIを通して500シリーズのモニターに表示します。 注意:この機能を有効にするためには、tool -> Overlays -> SDI Metadataから行います。SDIタイムコードは小さいボックス、収録の開始/停止はフルスクリーンボーダーで表示されます。それぞれの機能は個々に無効にすることができます。 5. ブライトネス&コントラスト設定 機能の詳細:このファームウェアよりご使用のモニターのブライトネスとコントラストをカスタマイズすることができるようになりました。 注意:この機能を有効にするためにはモニターの設定の Settings->System->Calibrationから行います。 ブライトネスとコントラストを調整します。最後に行った調整はパネルに送られます。 6. SDカードへのプロファイルの保存 機能の詳細:現在のモニターの設定構成をSDカードへ保存できるようになりました。 注意:この機能を有効にするためにはSettings->User->Profilesから行います。 SDカードが無い状態では機能しません。 SDカードごとに一つだけしかプロファイルは保存できません。(上書きされます) モニター間でプロファイルをコピーすることができます。 下記の設定は保存されるプロファイルには含まれないようになっています。 Wireless settings:ワイヤレス設定 Remote settings:リモート設定 Image Capture counter, Image Capture behavior. :イメージキャプチャーカウンター、イメージキャプチャーの動作 Display Calibration.:ディスプレイキャリブレーション Date & Time.:日付/時刻設定 User Registration.:ユーザー登録 7. イメージキャプチャーのLUTが適用されたイメージのキャプチャーへの対応 Settings->Capture->Image Capture デフォルトでは常に同じ動作になりイメージをキャプチャーする前は、 有効になっているどのようなLUTにも制限がかかります。 セッティングメニューを通して、ユーザーはキャプチャーする前に 現行のLUTを制限するか選択をすることができます。 制限をしない選択した場合はLUTが当たった画像を保存することができます。 このセッティングメニューのアイテムは、キャプチャーしたイメージファイルに名前をつける時に、 モニターのauto-incrementing counterをリセットすることができるようになりました。 8. アナモフィック1.5xオプションの追加 9. オーディオメーターの不透明設定の追加 バグ修正 HDMIの互換性の向上 ゼブラ:IREレンジが[-2 → 107] から[-7→109]と変更になりました。 フォーカスアシストの精度が向上しました 既知の問題点:  音声データがダウンストリームを通らない (オーディオメーターとヘッドフォンがダウンストリームのモニターで動かない EVFモードの有効時にImage Captureが機能しない [wpdm_package id='930'] ファームウエアの更新方法はこちら

SmallHD

2015.07.23

SmallHD 500シリーズ ファームウエアリリース 1.2

ファームウェア バージョン1.2 2015年7月14日 バグ修正: ▪️ワイヤレスリモートの応答性の向上 ▪️画面右端に表示されることがある白い縦線の修正 ▪️システムの復元とモニターの非応答を防止するためのファームウェアのアップデートプロセスの向上 既知の問題点: ▪️イメージフリップの有効時に、設定メニューを終了するため”Back”を押すとコラージュビューが表示されるが、画面上で設定メニューが点滅することがある ▪️HDMI使用時の1080p 4:4:4 YCCとRGB、10ビット信号で誤色で点滅することがある ▪️イメージ内でボトムラインがディスプレーのトップラインを巻き込むことができてしまう ▪️露出アシストとゼブラで表示するデータは、現在はLUTが有効になっているイメージをベースにしており、イメージはrawデータではない ▪️波形のノイズ ▪️HDMI使用時の1080iに極度に垂直に伸びた表示がされることがある ▪️モニター上のピクセルズームモニターのレンダリングの失敗 ▪️スケールされたイメージがページに表示されている際のコラージュページのノイズ ファームウエア更新の方法はこちらをご覧ください。 [wpdm_package id='885']

SmallHD

2015.07.14

SmallHD 500シリーズモニター アクティベーションの方法

500シリーズのアクティベーション(認証)を行うためには、アクティベーションを行うモニター本体、モニターの電源(LP-E6バッテリー)、インターネット接続環境が必要となります。シリアル番号は502モニター背面にありますので、バッテリーを二つ使用している場合はシリアル番号が隠れてしまうため、認証作業にはバッテリーの使用は一つで十分です。 アクティベーション作業を始めるには、500シリーズの電源を入れ、スクリーンに表示されるコマンドに従ってください。ジョイステックを使用して日付と時間の設定をします。ジョイステックを内側へ押すか、”クリック”をして日付と時間を確認し設定してください。 日付と時間の確認を一度行うと、モニターは固有の製品IDを表示します。 お持ちのパソコンやスマートフォンなどを使用して、Web上のアクティベーションを行うSmallHDのページhttps://activate.smallhd.comへアクセスしてください。そして、502に表示されている、固有の製品IDを入力してください。 次にお持ちの502のシリアル番号を入力します。このシリアル番号は502モニターの背面に貼ってある製品バーコードの下に記載してあります。 アクティベーションページ内の指定された場所へシリアル番号を入力しましたら、購入した国、お客様の氏名、メールアドレスを入力してください。アクティベーションページのフォームに全てを入力し“email my activation code.”をクリックすると、アクティベーションページで入力したメールアドレスへアクティベーションコードのリンクが送られます。 もし新しいソフトウェアや新製品あるいはプロモーションの情報を受け取りたい場合は、 “email my activation code” をクリックする前に、その下にあるチェックボックスにチェックを入れてください。 数分以内にアクティベーションコードがメールで届くはずです。もし届かない場合はメールソフトのスパムファルダー(迷惑フォルダー)を弊社サポートまでお問い合わせいただく前に一度確認してください。 メールが届きましたら、メールに記載のある数字のコードをお持ちの502モニターに入力してください。ジョイステックを使用して数字パッドの該当する数字を選び、ジョイステックをクリックして入力をしてください。 5桁の数字を入力した後“activate”をクリックするとアクティベーション作業は完了となります。

SmallHD

2015.07.10

SmallHD 500シリーズ ファームウエア更新の方法

smallhd.comのサイトから.ZIPファイルをダウンロードしてください。 ZIPファイルを解凍します。 ダウンロードファイル内にあるReadMe .txt に記載されている変更点を確認してください。 .binファイルをダウンロードフォルダからSDカードへコピーしてください。(使用するSDカードは容量が16GB以下で、Windowsマシンの場合はFATまたはFAT32、Macの場合はMS-DOS(FAT)でフォーマットされている必要があります。) SDカードをコンピューター、カードリーダーから抜いてください。 お持ちの500シリーズモニターにSDカードを挿入してください。 モニターの電源を入れてください。 ジョイステックでモニターのページの一番左の設定メニューへ移動してください。 firmware updateを設定メニューから選択しそのあとはスクリーンに表示される指示に従ってください。 ファームウェアがインストールされスクリーン上にモニターの再起動の指示がでましたら、一度電源を抜き、再度電源をさして電源を再投入してください。(この再起動作業にはモニター上の電源ボタンは動作しません) ファームウエア更新中には絶対に電源を切らないでください。

SmallHD

2015.07.10

SmallHD 500シリーズ ファームウエアリリース 1.1

リリース日 2015年6月29日 Sidefinderおよびワイヤレスリモート対応の追加 Version 1.1 ダウンロードはこちらから(変更履歴はダウンロードファイル内にあります) 過去のリリース リリース日 2015年5月4日 - 500 Version 0.1 リリース日 2015年5月14日 – 500 Version 0.2 リリース日 2015年5月26日 – 500 Version 0.3 リリース日 2015年6月10日 – 500 Version 1.0 追加機能: ▪️EVFとリモートコントロール対応の追加。 ▪️Airplaneモード-リモートコントロールで使用する無線通信の無効化。 (リモート機能を使用しない場合は有効にしてください) ▪️Toolメニュー上でのユーザーの最終位置を記憶する事が可能になりました。 バグ修正: ▪️501の502との誤認識および入出力メニューが表示されない問題の修正 ▪️モニター上にまれに表示されるグリーンラインの修正 ▪️Blackmagic Pocket Cinema CameraおよびCanon C300との使用時に オーディオメーターが動くようになりました。 ▪️解像度変更時にオーディオメーターが固まる状況の修正 ▪️アナモフィックおよびガイドラインの正確性の向上 ▪️拡大時の紫と緑の縞の発生の修正 ▪️ズームエフェクト上のスクリーンドアの削除 既知の問題点: ▪️垂直反転の有効時にピクセルの最終水平ラインにノイズが発生する事がある。 ▪️DSLRスケール、イメージスケールまたはアナモフィックスケールを使用しそしてイメージキャプチャーをする場合に適切に動作をしない。 ファームウエア更新の方法はこちらをご覧ください。 [wpdm_package id='780']

SmallHD