h1

FREEFLY

2016.02.23

FREEFLY SYSTEMS 最新ファームウェア(MoVI Firmware 5.0 AKIRA/beta版)公開されました

FREEFLY SYSTEMS社より、MoVI最新ファームウェア (MoVI Firmware 5.0 AKIRA/beta版)が公開されました。 衝撃的なMIMICの登場もありましたが、今回最新のファームウェアにより、MoVI=スタビライザーという枠を超え、 新たな新機能の装備で、MoVIをご活用いただく機会が増えること間違いありません。 以下に、最新ファームウェア MoVI Firmware 5.0 AKIRA/beta版の詳細を記させていただきます。 尚、Akiraを使用するに当たり、Movi本体の改修は必要ありません。 ◆新機能1.安定性の向上(High Performance(HiPer)Stabilization) Movi の安定性が30%~50%向上されております。 HiPerは、独立した出力フィルタを含む100%速い制御と先進のチューニングを特徴とします。 HiPer Stabilizationにより、より長い焦点距離によるレンズを、 安定性を犠牲にすることなく使うことができます。 ぜひ、最先端のチューニング・セッティングをお試しください。 セットアップは、アプリまたはMoVIコントローラーによって行います。 いくつかのパラメータは、プラットホーム上でなくなっている場合があります。 ◆新機能2.タイムラプスモード(Timelapse Mode) MoVIでタイムラプス機能が使えるようになりました。 予めプログラムされた経路にジンバルが追従することで、リアルタイム・ショットに役立ちます。 ◆新機能3.ターゲットモード(Target Mode) ターゲットを定め、それにカメラアングルが追従する機能です。 MoVIは、GPS(強いGPS信号を必要とします)によりカメラをロックさせます。 または、MIMIC送信機をカメラの目標としてフォローします。 ターゲットモードのセットアップはモバイル・アプリ(iOSとAndroid)によって行います。 MacまたはPCでもセットアップを行うことができます。 ◆新機能4.新APP(New Mobile Apps) Androidのコントロール画面を一新しました。 スマートフォンのように指の動きで操作ができるようになりました。 従来の画面での操作も可能となっており、コントロール画面は選べるようになっています。 ◆新機能5.その他(Other) ・MoVIキル(MoVI Kill)  MIMICハンドルのボタンをダブルタップするとMoviの動作を中断できます。 ・立ち上り時のヨードリフト(Yaw Drift During Bootup)  立ち上り時にMoVI本体がドリフトする問題を解消しました。 ・MoVIコントローラーの性能アップ(MoVI Controller Enhancements)  例えば、加えられたRF状態の表示機能によりコントローラーの最適な使用をサポートします。   ・ ・・・‥‥ 新ファームウェアを代表するタイムラプスモードを実際に使ってみました ‥‥・・・ ・ 幸いなことに天候にも恵まれ過ぎ・・・(多少雲があった方がタイムラプス的には面白い)MoVIを三脚にセット! 実際に撮影してみました動画がこちらです!なかなか出来の良い映像が撮れました! 撮影カメラ Panasonic AG-GH4U/インターバル撮影モード/シッター間隔3秒 ※撮影の際にはMoVIの設定以外に、撮影に使用するカメラの設定も重要ですので気を付けて下さい。 今回使用したコントローラーはAndroid OS搭載のこちらの端末。 最新ファームウェア(MoVI Firmware 5.0 AKIRA/beta版)の使用には、 MoVI APPのバージョンも最新にアップデートしていただく必要があります。 ちなみに今回は、Androidのコントロール画面を一新したバージョン2.0を使用しました。 MoVI APPのバージョン違いをこのように並べることもできるんですね。 そしてこの画面がメインMENU・・・シックでカッコいいですね! これが CONFIGURATIONS の画面で目新しい項目が増えてますね! こちらがタイムラプスモードの設定画面です。 TIMELAPSE INTERVAL・・・ 何秒毎に1コマ撮影しますかという項目です。 今回は雲の流れをいい感じに表現をしたかったので3秒に1コマで撮影で挑みました。 TARGET CLIP LENGHT・・・ 再生側のクリップ尺は何秒にしますかという項目です。 今回はちょうど飽きない程度に全部観ていただける30秒で設定してみました。 TARGET CLIP FPS・・・ 再生側のフレームレートを想定して選択します。今回は再生24FPSで設定してみました。 あら、素敵、自動で撮影される総コマ数と、撮影に要する時間がちゃんと画面に計算されて出てきました! これがPATHの設定画面です。画面下部のジョグスイッチでMoVIを自由にパン/ティルトで動かせます。 そしてタイムラプスで動かしたい地点と地点をSETボタンで決めていきます。 この地点は8箇所まで設定することができます。 入力が終われば PREVIEWボタンを押してPATHで指定した個所に正しく沿って動いているかを確認します。 確認が終わればいよいよ STARTボタンを押していただきます。 皆さんも是非、最新のファームウェア Akira でタイムラプスをお試し下さいね!    

FREEFLY

2015.09.24

MōVIとMIMIC Betaの組み合わせで使用する場合の注意事項

MōVI + MIMIC Betaバンドルが、皆さんのお手元に届く日も近くなってきました。現在MōVIのファームウェアはversion 4.01で出荷されていますが、MIMIC Betaと使用する場合には、4.02へのファームウェアのアップデートが必要となります。下記にMōVIとMIMIC Beta の組み合わせで使用する場合の手順をご説明いたします。使用方法に関してご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。 必要事項 使用するMōVIのバランス調整が取れている事 ファームウェアがアップデートされている事 MōVIの設定 MIMIC Beta Receiverの取り付け 下記はハイレベルな使用手順になります。詳細な手順は説明文中のリンクあるいはマニュアルを参照してください。 MōVIの基本セットアップ 1.MōVI をスタンドに置き、使用するカメラの取り付けおよびバランス調整を行ってください。 (手動でのカメラのバランス調整に関しましては、下記ビデオを参照してください。) https://vimeo.com/90795141 2.バッテリーを接続し、MōVI の電源を入れ、3つライトが点灯するまでカメラを動かさずお待ちください。 3.MōVI をタブレットまたはコンピューター(Android/Windows/OS X)と接続してください。( MōVIとの接続方法に関してはユーザーマニュアルを参照してください) MōVIファームウェアアップデート 1.Software & Manuals のページからv4.02 firmwareをダウンロードしてください。(ページの下部にあります) 2.ダウンロードしたファームウェアの説明書(Instructional_Manual)に従い、上記の互換のあるデバイス上のappを使用しMōVIのアップデートを行ってください。 MōVIの設定 1.ファームウェアのアップデートが終わりましたら、基本調整を仕上げて下さい。(またはAutotuneを行ってください) https://vimeo.com/122368080 2.app上で以下の順に設定を進め設定を「MōVI Controller」へ変更してください。 Configurations::Remote Controller Config::Radio Type 3.app上で以下の順に設定を進め、設定変更を保存させてください。 Systems::Write settings 4.一度設定と保存が終わりましたら、MōVI の電源を落としバッテリーを取り外すことができます。 MIMIC Beta Receiverの取り付け 1.MIMIC Beta Receiverを使用するMōVIに取り付けます。 2.バッテリーを再接続します。 以上でMōVIの設定は終了です。次にMIMIC Betaのセットアップを行います。 MIMIC Betaのセットアップ 1.MōVIの電源を入れます。3つライトが点灯しましたら、次の手順に進んでください。 2.MIMIC betaのUSBケーブルを同梱のUSBバッテリーに接続し電源を入れます。初期化が終了するまでしばらくお待ちください(30-60秒)静止状態を保つために、コントローラーをうつ伏せにしてテーブルに置いておくことも出来ます。パンフリーズボタンが上むきになるようにしてください。* 3.一度MIMIC beta が起動し、接続されればカメラはMIMIC betaに対応したチルト位置へ回ります。この場合テーブルの方へチルトダウンします。レシーバーのライトが緑に点灯し、MIMIC betaの緑のライトは点滅します。 注意 *もし、MIMIC betaが起動する前に持ち上げた場合は、パンが有効にならない場合があります。パン軸は最後に起動しますので起動前に持ち上げると初期化プロセスに時間がかかることになります。MIMIC betaの設定に戻るますので、さらに30秒またはそれ以上待つこととなります。 *この設定手順には映像伝送の設定は含まれていないので注意してください。使用する映像伝送機器各社から提供されている手順に従ってください。 *手順に関してご質問がある場合は、MIMIC betaとレシーバーをリバインド(再接続)する前にお問い合わせください。

FREEFLY

2015.08.28

Libec SWIFT JIB 50 & MōVI 簡易マニュアル

[embed]//www.raid-japan.com/blog/Files/manual/LibecJIB50.pdf[/embed]

FREEFLY

2015.07.31

MōVI Contrller Firmware Update ReleaseNotes Version1.1.2.01

[embed]//www.raid-japan.com/blog/wp-content/uploads/2015/07/MoVI_Contrller_Firmware_Update_ReleaseNotes_v1.1.2.01.pdf[/embed] ダウンロードはこちら

MōVI M5,M10,M15,Pro

2015.07.31

MōVI Firmware Update version 4.01

[embed]//www.raid-japan.com/blog/wp-content/uploads/2015/07/Freefly_MoVI_Firmware_Update_v4.01.pdf[/embed] ダウンロードはこちら

MōVI M5,M10,M15,Pro

2015.07.15

MōVI M10 ユーザーガイド

MōVI M10 ユーザーガイド マニュアル訂正 MōVI M10 ユーザーガイドに誤りがございましたので、お詫びとともに訂正させて頂きます。 訂正箇所 ■ユーザーガイド01-P9 バッテリーを捨てる際の注意 誤:1.バッテリーを安全な放電方法で、セルごとに最高10.Vまで放電してください。 正:1.バッテリーを安全な放電方法で、セルごとに最高1.0Vまで放電してください。 ■ユーザーガイド01-P12 カメラの取り付け 誤:M15 正:M10 [embed]http://raid-download.heteml.jp/support/wp-content/uploads/2015/07/MoVI_M10_User_Manual.pdf[/embed]

FREEFLY

2015.07.15

MōVI M5 ユーザーガイド

MōVI M5 ユーザーガイド 現在掲載しておりますユーザーガイドは下記の訂正を反映しておりますが、以前にダウンロードされたユーザーガイドをお持ちの場合は下記の訂正をご確認いただきますようお願い申しあげます。 マニュアル訂正 MōVI M5 ユーザーガイドに誤りがございましたので、お詫びとともに訂正させて頂きます。 訂正箇所 ■ユーザーガイド3ページ 誤:MōVI M10 正:MōVI M5 ■ユーザーガイド01-P2 バッテリーを捨てる際の注意 誤:1.バッテリーを安全な放電方法で、セルごとに最高10.Vまで放電して ください。 正:1.バッテリーを安全な放電方法で、セルごとに最高1.0Vまで放電して ください。 ■ユーザーガイド01-P3 バッテリーの充電 誤:4.同梱のバッテリーを充電する場合は、充電電流スイッチの“3A” 充 電電流を選択します 正:4.同梱のバッテリーを充電する場合は、充電電流スイッチの“1A” 充 電電流を選択します 誤:6.Freefly 4s 2.6Ahバッテリーを充電用リード線と接続します。 正:6.Freefly 4s 1.3Ahバッテリーを充電用リード線と接続します。 ■ユーザーガイド01-P5 カメラの取り付け 誤:MōVI M10 正:MōVI M5 ■ユーザーガイド03-P18 誤:MōVI M10,15 正:MōVI M5 ■ユーザーガイド04-P21 初期設定: 誤:GUI上の“Tilt”タブの下に“Tilt Stiffness”というメニューがあります。 正:GUI上の“Tuning”タブの下に“Tilt Stiffness”というメニューがあります。 誤:GUI上の“Tuning”タブの下に “Roll Stiffness”というメニューがあります。 正:GUI上の“Roll”タブの下に “Roll Stiffness”というメニューがあります。 誤:GUI上の“Tuning”タブの下に “Pan Stiffness”というメニューがあります。 正:GUI上の“Pan”タブの下に “Pan Stiffness”というメニューがあります。 ■ユーザーガイド03-P19 アンドロイド、PC、MACでのBLUETOOTHペアリングガイド及びFREEFLY CONFIGURATORへの接続方法: MōVI M10ユーザーガイドと同じ内容となっておりますので、MōVI M5の英文マニュアルの内容と同じになるよう改正を予定しております。   [embed]http://raid-download.heteml.jp/support/wp-content/uploads/2015/07/Freefly_MoVI_M5_UserManual.pdf[/embed]  

FREEFLY

2015.07.15

MōVI M15 クイックスタートガイド

MōVI M15 クイックスタートガイド 暫定版 [embed]http://raid-download.heteml.jp/support/wp-content/uploads/2015/07/MoVI_M15_QSG_ONLINE1.pdf[/embed]

FREEFLY

2015.07.15

MōVI M10 クイックスタートガイド

MōVI M10 クイックスタートガイド 暫定版 [embed]http://raid-download.heteml.jp/support/wp-content/uploads/2015/07/FFS_moviQuickStart-v1.pdf[/embed]    

FREEFLY

2015.07.15

MōVI M5 クイックスタートガイド

MōVI M5 クイックスタートガイド 暫定版 [embed]http://raid-download.heteml.jp/support/wp-content/uploads/2015/07/FFS_M5-QuickStart02.pdf[/embed]

FREEFLY