新ファームウェアで実装された「Movi Kill 」とは・・・

MoVI運用中にバッテリーの節電のため一時的に電源を落としたいことってありませんか?
MoVI本体の電源を落としてもいいのですが、再度電源を入れてからMoVIが稼働するのにじーっとしている時間もったいないですよね。
そこで、今回の「Movi Kill 」は、MIMICハンドルから一時的にMoVIのモーター電源を落とすことができるようになりました。

MoVI KILL
MIMICハンドルのボタンをダブルタップするとMoVIの動作を中断、再度ダブルタップすると即動作が復帰します。

MoVI APP
※画像 APPの画面は、MoVI APP Android 1.8となります。

※MIMICハンドルのボタンをダブルタップすると、Moviの動作が止まりますが、同時にモーターのトルクが全てなくなります。
バランスがずれているとジンバルもバランスを崩しますのでご注意下さい。

◆本機能を有効とするには、以下の条件が必須となります。

1.MoVI本体のファームウェアを最新の Firmware 5.0 AKIRA/beta版 にアップデートが必要です。
2.MoVI APP Android 1.8もしくは 2.0、MoVI APP iOS 2.0、MoVI APP PC 3.30、MoVI APP Mac 1.800へアップデートが必要です。
3.MIMIC[BETA]本体(送信機側)のファームウェアをV1.3から最新のV1.4へのアップデートが必要です。
※MIMIC[BETA]本体のファームウェアアップデートは、MoVI APP Android 1.8、MoVI APP Mac 1.800、MoVI APP PC 3.30からのみ行えます。

◆MIMIC[BETA]本体(送信機側)のファームウェアを最新の1.4でアップデートする方法(MoVI APP Android版)

1.予めAndoridにFREEFLY SYSTEMSのウェブページ Software & Manuals > Movifirmware 5.0 (Akira) BETA から「MIMIC v1.4」をダウンロードしておきます。
2.Movi本体の電源を入れず、MIMICハンドルの電源のみが入っている状態にします。
3.AndroidのV1.8「Freefly Movi」アプリを立ち上げます。(V1.63ではできません)
4.CONNECT > Click to discover にてMIMIC BETAを探します。
5.表示されたFFS-xxxxをタップしてペアリングを行います。
6. SYSTEM Update FirmwareをタップしFlogger_enc_1.4.binをタップしアップデートを実行します。
7. 左上のFREEFLYロゴをタップするとバージョンが表示されます。1.4が表示されていることを確認し終了です。

是非お試し下さいませ!