SOFTWARE VERSIONS

注:互換性の問題がないことを確認するために、以下の図を参照して、すべてのFreefly製品が最新であることを確認してく ださい。

たとえば、v1.3 GCUはv1.2 MIMICと完全に互換性がありません。したがって、v1.3ソフトウェアバンドルにアップグレード することを決めた場合は、すべてのデバイスがそのバンドルバージョンのバージョンに更新されていることを確認してくだ さい。

SOFTWARE COMPONENTS
1.3 (Latest Release)
1.2 (Previous Release)

MōVI Pro

GCU

1.3.2

1.2.1

TSU

1.3.4

1.3.1

ESC

1.0.0

1.0.0

MōVI XL

GCU

1.2.9

1.2.6

TSU

1.3.4

1.3.1

ESC

1.0.4

1.0.4

MIMIC

1.3.1

1.2.2

MōVI Controller

3. 1. 0

3. 0. 1

App

iOS

1.3.0

1.2.3

Android

1.3.1

1.2.3

更新するには- MobileAppsを通じてMōVIまたはMIMICに接続します。Monitor>Updatesに移動し、最新のファームウェア があるかどうかを確認します。

*MōVIコントローラの更新は、別のプロセスにが必要です。 *MōVIサブコンポーネントバージョン(gcu、tsu、esc)は、MōVI画面のMonitor> Details> Versionsにあります。

 

MoVI Pro V1.3 RELEASE NOTES

MIMIC v1.3.1

  • New Feature: デュアルMIMIC! MIMICのプライオリティは、RADIOの画面で変更できるようになりました。priority1に設定されたMIMICは、priority2のMIMICよりもリアルタイム制御(パン、チルト、ロール、フォーカス、 アイリス、ズーム)が優先されます。 priority2のMIMICは、制御信号を送信できるようにpriority1のMIMICを必要とします。両方のMIMICは、デュアルとし てセットアップする前に、それぞれのMIMICを個別にバインドする必要があります。
  • New Feature: FIZの範囲制限は、パイロット、ブッシュパイロット、またはゲームパッドで設定できるようになり ました!
  • New Feature: FIZ軸構成 – モータモデル(motor model)、減衰(damping)、トルク制限(torque limit)、速度制限(speed limit)、モータ方向(motor direction)、および制御方向(control direction)がオプションとして利用可能になりました。
  • New Feature: FIZマークは、ノブ自体にリアルタイムLED表示でき、Pilot Knobで設定することができます。
  • New Feature: FIZ軸キャリブレーション – MIMICは手動および自動のレンズモーターキャリブレーションを実行できるようになりました。
  • New Feature: パイロットサポートとファンクションマッピング。
  • New Feature: COM2はパイロットとAPIをサポートしています。
  • Improvement: MIMICの向きの設定は度(degrees)になり、柔軟性が増しました。
  • Known Issue: 特定の組み合わせでゲームパッド入力マッピングを変更しようとすると、MIMICがフリーズします。次のリリースで対処します。

GCU MōVI Pro v1.3.2

  • New Feature: MIMIC v1.3のサポート
  • Improvement: 保持力が低い場合でもチルトスムーズロックが優れた感触に。
  • Bugfix: Window/Expo/Smoothing設定 – これらの設定は、すべてのRATE入力にグローバルに適用されるようになりました。 Gamepad、Futaba、Spektrum、およびAPIレート入力を含む MōVI XL v1.2.9 (since v1.2.3)
  • Improvement: 電源ボタンを解除する必要があります。
  • Improvement: セル当たり3.50Vのバッテリフラットトリガエラー状態。
  • Known Issues: 最大ロール角パラメータは機能しません。
  • MXL: MIMICモードは機能しません。すべてのオプションはダイレクトモードになります。次回のリリースで修正されます。
  • MXL: 傾き角度の制限は機能しません。次回のリリースで修正されます。TSU v1.3.4
  • New Feature: Hocus Reflex Motorのサポート。
  • Improvement: edgeを使う場合役立つFIZキャリブレーションのマイナーな変更。
  • Improvement: FIZ範囲の制限が永続化されるようになりました。
  • Improvement: ちらつき防止のためにRED Irisコントロールにヒステリシスを追加。
  • Bugfix: 手動較正の後、位置がリセットされ、較正が無効になります。

iOS/Android Apps v1.3.x

  • New Feature: すべてのステータスとエラーコードをカスタマーサポートの電子メールに追加しました!
  • New Feature: App Storeとサーバーをチェックして、利用可能な新しいアプリがあるかどうかを確認します。
  • Improvement: タイムラプスを実行する前に剛性がゼロであることを確認します。さらに、タイムアウト時にパラメータがロックされるようになりました。
  • Improvement: バッテリインジケータは電圧の代わりにパーセンテージで表示されます。
  • Improvement: MIMICの方向パラメータは度(degrees)で表示されるため、柔軟性が向上します。
  • Bugfix: i OS:ロック時にプリセットロード/フリーズ時にフリーズ
  • Bugfix: Compass Calの起動時にAndroid:Startボタンが消えない
  • Known Issues: プリセットの保存と読み込み

MōVI Controller v3.1.0

  • ディスプレイの “WEDGE”への参照がすべて “FIZ”に変更されました。
  • モータ選択リストにHocus Reflexを追加
  • APIパススルー用のベアボーンAuxポートを追加