MoVi Pro / XL V1.4リリースノート

ソフトウェアのバージョンについて

 

注:互換性の問題がないことを確認するために、以下の図を参照して、すべてのFreefly製品が最新であることを確認してください。

 

例えば、v1.4のGCUはv1.3のMIMICと完全に互換性がありません。

したがって、v1.4ソフトウェアバンドルにアップグレードすることを決定した場合は、すべてのデバイスがそのバンドルバージョンに更新されているか確認することをお勧めします。

 

注:このリリースには、Bluetooth用の新しいファームウェアアップデートも含まれています。 詳しくは、モバイルアプリのリリースノートをご覧ください。

 

SOFTWARE COMPONENTS 1.4 1.3 (Previous Release)
MōVI Pro GCU 1.4.3 1.3.2
TSU 1.4.1 1.3.4
ESC 1.0.2 1.0.0
MōVI XL GCU 1.4.3 1.2.9
TSU 1.4.1 1.3.4
ESC 1.0.4 1.0.4
MIMIC 1.4.1 1.3.1
MōVI Controller 3.2.1 3.1.0
MōVI Pro App iOS 1.4.x 1.3.0
Android 1.4.x 1.3.1
MōVI Track iOS App 1.0.0

 

更新方法 – MōVIProのiOSアプリまたはAndroidアプリを使用してMōVIPro / XLまたはMIMICに接続します。 Monitor> Updatesに移動し、最新のファームウェアがあるかどうかを確認します。

 

*MōVI Controllerのアップデート方法は異なります。

 

*MōVIサブコンポーネントバージョン(GCU,TSU,ESC)は、MōVI画面のMonitor> Details> Versionsにあります。

V1.4 リリースノート

 

GCU v1.4.3

    • 新機能: マジェスティックロール
    • 新機能: ARKitトラッキングのサポート
    • 新機能: ダイナミックスクリーンフリップ (これは最上層の画面でのみ発生します)
    • 新機能: 電源画面が更新され、2つの新機能が追加されました。マジェスティックオーバーライドと録画の開始と停止。 電源ボタンを1回押すと、すべてのオプションが表示されます。 (電源画面は最上層の画面からしかアクセスできません)
    • 新機能: マジェスティックオーバーライドモードでは、すべてのリモート入力を無視します。
    • 新機能: 新しいRCPパラメータ:Sensor FPS, false color, magnify
    • バグ修正: RCシャッターマッピング
    • バグ修正: REDコントロールの録音機能が働かない。
    • バグ修正: チルトが下方向に向いている場合、”fixed mount heading assist”のモードでパンは約180度勝手に動きます。
    • バグ修正: シグナルインジケータが更新されない。
    • バグ修正: 一杯になったSDカードでデータログを取得しよととするとGCUがクラッシュし電源が落ちる。
    • バグ修正: バッテリー画面でボタンが反応しなくなる。
    • バグ修正: アブソリュートモードで360度旋回すると、MōVIが震える。
    • 改善: モニターUIの一新
    • 改善: ドライブエラーの詳細なレポート
    • 改善: MIMICの接続確認
    • 改善: パンの揺れ
    • 改善: スリープモードでは、MōVIの状態がわかるように画面はオンの状態です。
    • 改善: MōVI XL電源ボタンで解除されます。
    • 改善: エラーがある場合はMōVI XLを無効にする。
    • 改善 内部5V電源の低電圧検出

 

  • 既知の問題:

 

    • Heading Assist:GPSオプションは、位置ロックをするのが難しく、将来のリリースで改善されます。

 

TSU v1.4.1

  • 新機能: Chrosziel CDM-100Mレンズモーターのサポートを追加
  • 改善: Hocus Axis 1と反射較正
  • バグ修正: 手動校正による誤った値

 

MIMIC v1.4.1

  • 新機能: Autotuneを含むパラメータのリスト
  • 新機能: Bush pilotを入力画面に追加
  • 新機能: Chroszielをメニュー画面に追加
  • バグ修正:シグナルインジケータの修正
  • バグ修正: Game Pad画面でモードを変更するとフリーズ
  • 改善: バッテリー持ちの改善

 

MōVI Pro iOS and Android Apps v1.4.x

MōVIPro Appは、MōVIPro、MōVIXL、MIMIC、Pilotを含むMōVIProエコシステムをサポートしています。

  • バグ修正: iOS 11はBluetoothでの問題を引き起こし、約3分ごとにMōVI/ MIMICが切断され、ファームウェアの更新が中断されました。 V1.4 iOS Appではファームウェアをアップデートする前にプロンプトが表示され、この問題を解決するためにBluetoothでファームウェアをアップデートできるようになりました。 このアップデートは一度だけ必要です。
  • 新機能: Majesticのロールパラメータが Configurations>Majestic に追加されました。
  • 新機能: iOSカスタマーサポート機能により、より多くの診断情報が収集されます
  • 新機能: Android:RSSIによる接続
  • バグ修正: iPhone Xのレイアウトをサポート
  • バグ修正: About画面を開くときにアプリケーションがクラッシュする
  • バグ修正: リリースノートボタンが更新され、オンラインドキュメントが開くようになりました
  • バグ修正: MXL電圧がApp画面上に表示されない
  • バグ修正: Chart UIの軽微な問題
  • バグ修正: 情報テキストの修正
  • バグ修正: PPMはラジオの種類一覧に表示されます(現在はサポートしていません)
  • バグ修正: 未使用のパラメータが削除されました:Aux Port, Power supply
  • 改善: UIの一新
  • 既知の問題: カメラタイプパラメータが、MōVIコントローラなしでユーザが変更できるようにするために、Configurations > Dual Opに追加されました。 ただし、この設定は現在自動的には保存されないため、再起動後も保持されません。 これは、次のリリースで修正される予定です。

 

MōVI Controller v3.2.1

  • 改善: Alpha Wheelsが改善され、ジッタがさらに排除されます。 いくつかのメモ:
    • MIMICの設定は適用されなくなりました。
    • ジョイスティックの設定が適用されるようになりました。 直感的な操作感を得るためには、dual op,pan,tilt joystick window, smoothing, expoをゼロに設定する必要があります。 必要に応じて、より滑らかに設定することができます。
    • リモートレートスケールが適用され、最大のドライブレシオは最大200º/ sです。 したがって、70:1のホイールギアと100º/ sのリモートレートスケールは、合計140:1のホイール対軸比になります。
    • 高いHold Strengthでは突然停止するとオーバーシュートが発生しますが、よりオペレーターの操作に機敏に反応します。
    • ホイールを適切に初期化するためにコントローラがAlpha Wheelsモードで起動する必要がある既知のバグがあります。このアップデートでは対処されていません。 私たちは次のリリースのためにそれを調べています。
    • Alpha WheelsのMIMICバージョンを使用している場合は、1A Toolsから最新のファームウェアを入手することをお勧めします。
  • 新機能: FIZ Axis設定モーター選択リストにChrosziel CDM-100M Lens Motorオプションを追加しました。

 

MōVI Track App v1.0.0

Freeflyのチームは、Appleの新しいARKitフレームワークを使用し学習しているところです。 私たちは、ユーザーと一緒にこのテクノロジーを学ぶためにスタンドアロンのベータ版アプリをリリースすることに決めました。

 

MōVI Track Appを使用すると、MōVIはAppleのARKitフレームワークを使用して3D空間内のマーカーを追跡できます。 これはトラッキングの未来です。デバッグ、学習、考察するのに役立つように設計された非常に簡単で簡単なアプリケーションです。 あなたもそれを楽しむことを願っています!

 

このアプリは、ファームウェア1.4以上を実行しているMōVIPro / XLに接続して制御します。